女性のひげ外来がある病院

女性のひげ外来がある病院

女性のひげを適切に処置してくれる病院はあるのでしょうか?
それは医療脱毛と呼ばれる脱毛をしてくれる皮膚科であったり、美容外科であったり、医師免許を持った人が施術するような病院はたくさんあります。
ひげ(ムダ毛)専用の医療脱毛しかしていない病院もあります。

 

そういったところでは、男性・女性ともにひげを含めたムダ毛を処理するエキスパートが揃っていますので、普通の皮膚科に行くよりも、経験豊富な場合が多いです。
それでも病院ですから、万が一のことがあれば、ちゃんとした処置をしてくれますし、薬も処方してくれるのです。
女性としては、顔にあるひげですから、医師免許を持った人が処置をしてくれる病院であるほうが安心ですよね。

 

顔のひげ処理は脱毛がおすすめというのは、医療脱毛専門に行っているクリニックの意見です。
ひげやあごひげ、もみあげなどの顔のひげは、人目に付きやすい部位のため、女性の悩みになりやすいポイントです。

 

自宅での処理の場合、毎日のようにカミソリや除毛クリーム、毛抜きなどが多く使用されます。
しかし、これらの自己処理は肌への刺激が強く、頻繁に行うと肌を傷つけてしまいます。

 

しかも、色素沈着をして、ひげをなしても、鼻の下だけ日焼けしているように見えてしまうこともあります。
そのため、肌に負担をかけずに顔の脱毛を行うためには、ひげ脱毛の専門家に相談するのが一番安全ということなのです。

 

では、顔のひげ脱毛施術はどのように行われるのかチェックしてみました。

 

まずは、カウンセリングです。ひげの濃度や太さ、肌の強さや、これまでの皮膚科での経歴、ピルを飲んでいるかどうかなど。
もう1つはレーザー照射をしますから、ひげの近くにホクロがあると、火傷のようになってしまいます。
レーザーは黒い色の毛根に反応するのです。

 

レーザーを照射する範囲のひげを剃り、施術部位に肌を保護するジェルを塗ります。
レーザー光線が目に入ってしまわないようゴーグルをかけた後、脱毛部位にレーザーが照射されます。
施術後は、ジェルを拭き取って炎症を抑えるクリームを添付します。

 

毛周期に合わせて1〜2か月おきに通院をすることで、脱毛が完了します。
エステサロンでは、医師免許を持たないエステティシャンが施術しますので、病院で行うレーザーより弱い光照射をします。
だから、回数を多く通う必要が出てきますので、費用はパッケージになっていたら、医療脱毛の方が確実で安上がりなことが多いそうです。

 

顔のひげでお悩みの方は、この機会にレーザー脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?