ホルモンが原因?ヒゲ女になる理由とは

ホルモンが原因?ヒゲ女になる理由とは

女性が家庭外で働くのはもはや当たり前の時代になりました。ところがバリバリ働く女性の中には、男性ホルモンテストステロンの分泌が通常より多い人がいることが分かってきています。女性でも男性ホルモンは副腎から分泌されており、その量は男性に比べるとわずかです。

 

しかし何らかの原因で男性ホルモンの分泌が増えたり、ホルモンバランスが乱れることで、男性ホルモンの影響を受けやすくなり、女性らしさが失われて脱け毛が進んだり、ヒゲが生えるようになりヒゲ女になってしまうのです。

 

ヒゲ女になることを回避するためには、女性ホルモンのもととなる大豆食品などを積極的に摂取することが重要です。近年ヒゲをタンパク質分解酵素の働きで徐々に薄くするクリームなどが発売されて話題になっています。バリバリ働くことを止めることはなかなか難しいため、こうしたクリームは非常に有効だと考えられるでしょう。しかし、男性ホルモンによる影響は、ヒゲだけに留まらず、脱け毛を引き起こすこともあります。女性版男性型脱毛症です。

 

男性ホルモンの影響が強くなると、男性の薄毛と同様のメカニズムで薄毛を発症しやすくなります。過度のダイエットや、ヘアカラーやパーマなどはこうした脱毛症に悪影響を及ぼします。

 

男性ホルモンの悪影響は生理不順にも影響し、長く生理が止まると不妊の原因になる事もあります。女性らしさを保つことは外見の問題だけではなく身体的にも重要なことであり、しっかりと対策する必要があるのです。